女の人

女性特有の症状

医者

食事から改善しましょう

PMS(月経前症候群)は女性特有の症状で、月経前のホルモンバランスの乱れが原因で、身体的な不調などが起こります。PMSで悩んでいる方も多く、月経前になると身体の不調が起こります。辛い症状を暖和するために、生活の中で工夫をしてPMSを乗り切りましょう。対策としては、身体によい食事をしましょう。ホルモンバランスを整える食事は、大豆食品が最もよいとされています。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに働きかけてくれるので効果があります。その他、魚類やナッツ類に多く含まれるビタミン類も有効です。逆に控えた方がよい食品は、刺激物やカフェイン、アルコール、ジャンクフードなどです。バランスのよい食事をこころがけ身体によいものを摂るようにしましょう。

効果がある成分は

PMS対策には食事の改善も大切ですが、対策として、PMSに効くサプリを利用するのもひとつの手です。PMS対策のサプリは、さまざまなものが出ています。PMS対策サプリには、ビタミンB6、イソフラボン、a-リノレン酸、プラセンタ、ピクノジェノール、チェストツリー、Y-リノレン酸などの成分があります。どの成分も、PMSには有効ですので、サプリの効能などを調べて自分の症状に合うサプリを選んで利用してください。自分のPMSの症状を知ることも大切なので、基礎体温をつけて症状などをメモや日記につけておくのも良いでしょう。PMSの方は冷え性が多いので、身体を冷やさないように、身体の血流を良くすることをこころがけましょう。